テニス初心者のための「空振りしないスマッシュの打ち方3選」

  1. ITC総合トップページ
  2. テニス上達コラム
  3. テニス初心者のための「空振りしないスマッシュの打ち方3選」

テニス初心者のための「空振りしないスマッシュの打ち方3選」


テニスを始めたばかりの方、テニスをこれから始めようと考えている方向けに
今回テニス指導歴30年のコーチが、スグに上手に打てるコツを分かりやすく解説。

今回はスマッシュ編!

ここでは、「スマッシュ」の基本的な打ち方について説明したいと思います。

まず、スマッシュはノーバウンドでもワンバウンドでも打つことは出来ますが、
ワンバウンドの場合は自分の身長より高くバウンドすることが前提になります。

ワンバウンドでスマッシュを打つ状況は限られているため、ほとんどの場合はノーバウンドで打つことになります。

ステップ1 体の向きは横向きに

ボールが頭上に上がった時にまずすることは、体の向きを「横向き」にすることです。

横向きの方が正面を向いているよりも振り抜きが良く、打点に入る際にサイドステップで移動・調整しやくなります。

正面向きのまま移動しようとすると、足が突っかかり後ろ向きに転倒する恐れもあります。

スマッシュを打つ際の横向きは忘れないようにしましょう。

ステップ2 「非利き手」の重要さ

スマッシュは全員片手で打つかと思います。そのため大事なのは、空いている方の手「非利き手」です。

落ちてくるボールをキャッチするように手を伸ばしてあげると落下地点に入ることができます。

この時、ボールは頭の位置より少し利き手側に来るようにポジショニングしましょう。

これだけで準備は完了です。

ポイント3 打点

打点は、簡単に言うと『頭よりすこし前』になります。

頭の真上になってしまうと、ラケットの面の向きが上向きになったまま当たってしまうため、真下に振れなくなります。

頭より少し前で当ててあげると、振り抜きが良くしっかりとラケットを下に振る事ができます。

先ほどのポジショニングと合わせると、頭の位置より斜め前(利き手側)でボールを打つようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

スマッシュは比較的、頻度の少ないショットです。
だからこそ、ここぞというときにミスしないよう今回のステップを意識してみてください。

決まると爽快なショットなので、ぜひ挑戦してみましょう!

2023年8月21日| テニス| 初心者| 技術 |