上達スピードがあがる!テニスサーブのコツ

  1. ITC総合トップページ
  2. テニス上達コラム
  3. 上達スピードがあがる!テニスサーブのコツ

上達スピードがあがる!テニスサーブのコツ


テニスを始めたばかりの方、テニスをこれから始めようと考えている方向けに今回テニス指導歴30年のコーチが、
スグに上手にサーブを打てるコツを分かりやすく解説。

自己流でサーブを練習する前に本記事を読むことで間違いなく効率的に
サーブを上達させることができますので、是非参考にしてみてください!

テニスのサーブってなに?

試合におけるスタートショットです。相手のサービスコートに入れると試合が始まります。
2回チャンスがあり2回とも外すと失点になります。打ち方はオーバーハンドやアンダーハンドがあり、
トスしたボールをノーバンドで打てば特に決まりはありません。

トスってなに?

サーブは、空中にボールを投げてからラケットでボールを打たなくてはなりません。
そのボールを投げる行為を「トス」又は「トスアップ」と呼びます。
トスを上げ打つ前のポーズを「トロフィーポーズ」と言います。

サービスコートってなに?

サーブを打って飛んだボールは、ネットを越え対角線上の相手のネット手前のコートを「サービスコート」と言います。

テニスサーブを上達させる3ステップ

■ステップ1 正しいボールを投げてみよう!

基本はボールを投げる動作を利用することです。

ラケットを持ってトスを上げると力が入ってしまいぎこちないスイングになります。

ポイントは、肘の位置を身体からなるべく離し、肘を上げるようにボールを投げます。
飛んで行ったボールが山なりに飛んでいればOKです。

■ステップ2 ボール投げのフォームでラケットを振ろう!

ボールを投げるようにラケットを振るとスムーズにラケットを振ることができます。

ポイントは、実際にボールを打つ場所(打点orインパクトポイント)で「ビュン」と音がなればスイングがスムーズに出来ている状態です。

■ステップ3 ラケットのスイングに合わせてトスを上げよう!

スイングの中での打点の位置を確認したら、そこに向かってトスを上げましょう!

ここでのポイントはトスの上げ方です。ボールを持つ時は、生卵を持つような感じで持つと強く握ることは無くなります。
肩を支点に腕全体を動かすようにしてみましょう。トスを上げた腕は突き上げるように高く上げ、打点の場所に残すようにします。
トスが上がっている時は、トスを上げた手とボールが見えている状態になっているのがベストです。

構えから
・1(トスとラケットを上げる動作)
・2(トスを上げた腕は残しラケットを背中にかつぐ動作)
・3(トスを上げた腕を下す動作とラケットを背中から振上げる動作を行う)」のリズムでスイングとトスを合わせれば、
リズムの良いサーブの出来上がりです!

入るサーブを打つポイント

サーブ練習をしてもいつも全力に近い力で打ちがち、まずはサービスラインからゆっくりと打っていき徐々に距離を長くし
サービスエリアまで届いたら確実に入るサーブの出来上がり!その後は少しづつスピードアップさせていきましょう!

まとめ

どうでしたか?
サーブはテニスのショットで唯一、自分で打てるショットになります。

練習すればするほど上達できるショットです。サーブが上達すれば、よりテニスが楽しくなると思います。是非是非、練習頑張って下さいね。

2023年6月16日| テニス| 初心者| 技術 |