【現役コーチが教える】テニスのフォアハンドで遅いボールに対処する方法5つのポイント

  1. ITC総合トップページ
  2. テニス上達コラム
  3. 【現役コーチが教える】テニスのフォアハンドで遅いボールに対処する方法5つのポイント

【現役コーチが教える】テニスのフォアハンドで遅いボールに対処する方法5つのポイント


テニスのフォアハンドで遅いボールに対処する方法

テニスを始めたばかりの方、テニスをこれから始めようと考えている方向けにテニス指導歴30年のコーチが、スグに上手に打てるコツを分かりやすく解説。

はじめに

試合などで相手からの遅いボールに対処する事が難しい時があります。

特にフォアハンドでの対応は重要です。

今回は、その遅いボールに対処する効果的な方法をご紹介します。

1. 早めの準備

遅いボールが来ると予測できる場合、フォアハンドの準備姿勢を早めに取ることが重要です。体重を前にかけ、ラケットを構える姿勢を整えましょう。

2. 早めのステップ

ボールが遅く来る場合でも、早めのステップでボールに近づくことが重要です。

足を素早く動かし、ボールに対して前進することで、攻撃的な姿勢を維持します。

3. バックスイングの短縮

遅いボールに対しては、バックスイングを短くすることでボールに早く反応できます。

大きなスイングをするとボールが落ちる前にラケットが下がり、タイミングを逃してしまうことがあります。

4. タイミングを見極める

ボールの速度や軌道を見極め、適切なタイミングで打つことが重要です。

ボールが落ちる前にラケットを振り抜くことで、力強く正確なショットを狙います。

5. フォロースルーの重視

ボールに対して正確にフォアハンドを打った後は、しっかりとしたフォロースルーを意識しましょう。

フォロースルーをしっかりと行うことで、スイングの完成度を高めることができます。

遅いボールに対処する際は、慌てずに落ち着いてテクニックを活かすことが重要です。

練習や試合で積極的に取り組み、フォアハンドの力強いショットを身につけましょう。

まとめ

いかかでしたか?

以上が、テニスのフォアハンドで遅いボールに対処する方法でした!ぜひ参考にしてみてください。

2024年3月7日| テニス| 初心者| 技術 |